top of page

​鍼灸治療とは!?

人間が本来持っている自然治癒力を高め、自己修復機能を改善するしくみが「鍼灸」による施術です。鍼やお灸などの物理的刺激に身体が反応し、自然治癒力を高め身体機能が改善します。鍼灸は痛みや副作用がほとんどなく、鍼やお灸の刺激により血管が広がり血流が改善され、滞っていた老廃物などが流れるようになります。また鍼灸の施術により、白血球の数が増えると言われており、白血球による生体防御反応が高まると免疫機能が活性化し、体質改善にも期待出来ます。

WHO(世界保健機関)では、以下の疾患に対して鍼灸治療が適応であることを認めています。

「神経系疾患」

・神経痛・神経麻痺・痙攣・頭痛

・めまい・神経症・ノイローゼ

・ヒステリー・脳卒中後遺症

・自律神経失調症・不眠

「運動器系疾患」

・関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群

・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎

腰痛・外傷の後遺症

           (骨折・打撲・むちうち・捻挫)

「循環器系疾患」

・心臓神経症・動脈硬化症

・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

「呼吸器系疾患」

・気管支炎・喘息・風邪および予防

「消化器系疾患」

・胃腸病(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)

・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎

・胃十二指腸潰瘍・痔疾

「内分泌系疾患」

・バセドウ病・糖尿病・痛風

・脚気・貧血

「生殖・泌尿器系疾患」

・膀胱炎・尿道炎・性機能障害

・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

「婦人科系疾患」

・更年期障害・乳腺炎・白帯下

・生理痛・月経不順・冷え性

・血の道・不妊

「耳鼻咽喉科系疾患」

・中耳炎・耳鳴り・難聴・メニエール

・鼻出血・鼻炎・蓄膿

・咽喉頭炎・扁桃炎

「眼科系疾患」

・眼精疲労・仮性近視・結膜炎

・疲れ目・かすみ目・ものもらい

「小児科系疾患」

​・小児神経症(夜泣き・疳の虫・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠)

・小児喘息・アレルギー性湿疹

・耳下腺炎・夜尿症・虚弱

※これらは臨床経験に基づくものであり、あくまで国際基準を提示したのみで、必ずしも研究上の裏付けを伴うものではありませんが、鍼灸治療の幅広さが理解される内容です。

腰部への置鍼
お腹へのお灸施術

✿鍼について✿

​当鍼灸サロンで使用する鍼は、日本製ディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しており、「髪の毛ほどの細さ」「完全密封」「使い捨て」が特徴です。使用する鍼の太さに関しては、0.10mm~ご用意しておりますので、刺すというよりもトントンと叩くようにして瞬間的に皮膚を通過させてしまうので、痛みを感じることはほとんどありません。鍼は全てディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用し、施術する箇所もしっかりアルコール消毒を行いますので、衛生面での心配もありませんのでご安心下さい。

​✿灸について✿

お灸とは、ヨモギの葉を乾燥させた艾(もぐさ)を用いて熱刺激を与える施術です。一般的にお灸を用いた施術法には、皮膚に直接艾を置き燃焼させる「直接灸」と、皮膚と艾の間に、筒状の物や台座を挟んで燃焼させる「間接灸」があります。

当鍼灸サロンで使用するお灸は、もぐさの部分が肌に直接触れることはなく、筒状になっているものを使用します。その為、間接的に体内へ熱刺激を与えるので、じんわりと温かく火傷になりにくいお灸を使用しております。

ご予約・お問い合わせは

​公式LINEからも承っています

bottom of page